>

特定の資格を持っていることが条件

資格が必須になると知っておこう

簿記の資格を持っている人は、税理士試験を受けられます。
資格には2種類ありますが、それぞれ1級と上級が必要になります。
1級や上級は、かなり難しいので簡単に合格することができません。
税理士試験を受けるための、大きな壁とも言われています。
ですが資格の入手が難しいからと言って、税理士になる夢を諦めてもよいのでしょうか。

上級の資格の方が、獲得が難しいと言われています。
全体で合格者が、なんと20パーセント程度しかいません。
そう聞くと不安を抱くかもしれませんが、自分が20パーセントの中に入ればよいだけです。
不可能ではないので、前向きに資格の獲得に向かってください。
試験を受ける時は、お金が必要になります。
2000円から3000円ぐらいです。

勉強しやすい方法を見つけよう

効率よく勉強を進めることで、資格を獲得できます。
税理士になりたいとおもっても、簿記の資格を持っていないと話になりません。
勉強が苦手な人は、通信講座を利用するのがおすすめです。
それなら問題集を渡されるので、どこを勉強すればよいのかすぐに分かります。
本屋でテキストを購入しても、必要なところがさっぱり分からない人が見られます。

試験に出題されない部分を一生懸命勉強しても、意味がありません。
通信講座を利用した時に渡されるテキストは、試験に出されやすい問題がまとめられています。
それを頑張ってひたすら解いていれば、1級や上級でも合格できるでしょう。
講師に分からない部分を質問できる部分も、通信講座のメリットです。


この記事をシェアする