>

たくさん勉強して税理士になろう

税理士試験を受けられる人

試験を受けるためには、ある程度の学歴が必要になります。
誰でも気軽に受けられるシステムではありません。
専門学校や、大学を卒業していなくては受けられないので気をつけてください。
高校しか卒業していなくて税理士になりたいとおもったら、まず大学に入学してください。
年齢制限はないので、大人になってからでも大学に入れます。
また、大学を途中で退学した人もいるでしょう。

大学には、単位があります。
例え退学していても、単位が足りていれば税理士試験を受けることができるかもしれません。
途中で大学を退学した人は、自分がどのくらいの単位を持っているのか調べてください。
また専門学校に通っている人の場合は、法律経済学の科目を勉強していなければいけません。

実績を重ねている人

学歴が十分でも、まだ受験資格を満たしていません。
実際に弁護士事務所などで働いた経験上を持っていないと、試験を受けられないと覚えていきましょう。
最低でも2年以上働いていれば、税理士試験を受けることができます。
テキストで勉強するだけでは、法律や経済に関する知識を養うことができません。

実際に現場に出ることでしか、分からない知識もあります。
雇ってくれる事務所を見つけて、現場に出てください。
弁護士事務所以外だと、税理士や公認会計士の事務所でも大丈夫です。
知識を習得できそうな事務所を見つけて働くことで、税理士試験をクリアしやすくなります。
勉強しながら働くのがよい方法です。
すると分からないところを、すぐ質問できます。


この記事をシェアする